無垢テーブルの水染み、油汚れがオレンジオイルで消えた!簡単&コスパ良くお手入れ

無垢テーブル ハワードオレンジオイル

こんにちは、まるみです。

今回は無垢テーブルの水シミ&油汚れを落とすために、オレンジオイルでお手入れしてみたので、そのレポートをお送りしたいと思います。

 

ミニマリスト生活を始めてから、あれこれ捨ててきた私ですが、今回はダイニングテーブルのテーブルクロスを処分!

子供も年齢的に食べこぼしが減ってきたし、ちょうどテーブルクロスも古くなってきたので、無垢のテーブルをむき出しにすることを決意したわけです。

 

とはいえ、実はテーブルクロスを使い始める5年前、水染みや油汚れが気になったものの放置していたんですよね…。

まるみ

さすがに5年前の汚れは厳しいか?

では、我が家の無垢テーブルがキレイになったかどうか、一緒に見ていきましょう!

 

無垢テーブルの汚れは何で落ちる?

無垢テーブルのお手入れ

無垢テーブルの普段のお手入れ&メンテナンス方法

天然木本来の風合いが素敵な無垢材のテーブル。インテリアとしても人気ですよね。

でも、長く使い続けるためには日ごろの使い方、メンテナンスが欠かせないのです!

購入したらそのまま…なんて、私のような人はいないですよね?(笑)

 

無垢材家具を販売している「木の店 木楽」さんのサイトでは、使用上の注意として、以下のように書かれています。

  • 極端に湿度の高い場所や低い場所での使用は避ける
  • ストーブなどの熱源のそばでは使用しない
  • 直射日光の当たる場所での長時間の使用は避ける
  • 塗れたコップを直接長時間置きっぱなしにしない
  • 熱いものを載せない
  • 鉄分のある物は水分と反応して黒いシミになる
  • 食事の時はランチョンマットなどを使用する

 

また、我が家のテーブルもそうなのですが、オイル塗装で仕上げられた無垢テーブルはメンテナンスも重要になってきます。

  • ツヤが少なったり、水はじきが弱くなった場合はメンテナンスをする
  • 普段のお手入れは、水を固く絞った布で拭き、拭いた後に水分が残っているようであれば乾拭きをする
  • 木口にはマメにオイルを染み込ませる(木口から乾燥が進むため)
  • オイルでのメンテナンスは年2回。(特に冬の乾燥する時期に入る前、梅雨の乾きにくくなる前が理想)

まるみ

知らないことばかり!ほんと…5年間なにもしなくて反省しています。

無垢テーブルのメンテナンス用オイルは何がいい?

無垢テーブルをメンテナンスするためのオイルには、何を使えばいいのでしょうか?

様々なオイルがありますが、一部ご紹介してみたいと思います。

  • オレンジオイル:ツヤ出し、保湿。汚れ落としに優れる。
  • レモンオイル:ツヤ出し、保湿。表面の汚れ落としも可能。
  • アマニオイル:ツヤ出し、保湿。
  • みつろう:ツヤ出し、しみ取り。木食器にも使用できる。

無垢材のメンテナンス用オイルは自然由来のものが多いですが、購入時は使用用途をしっかり確認するのがオススメです。

食器類や、赤ちゃんの木工玩具は口に入るものですから、ミツロウが主成分の食器OKのものを選びましょう。

 

また、上記のものをブレンドしたメンテナンス剤もありますし、固形・液体・ジェルとさまざま。

自分にあったものを選んでくださいね。

無垢テーブル ハワードオレンジオイル

ちなみに、私が購入したのはこちらのオレンジオイル。

ネット上でさまざまな無垢材家具屋さんがオススメしていた「ハワードオレンジオイル」を購入しました。

1本あたり1,000円ちょっとなのでコスパもよし!

 

それでもダメなら紙やすり!

無垢テーブルに出来てしまったしつこいシミや、サインペンのインク、ひっかき傷などはなかなかオイルだけでは落としにくいもの。

そんな時は紙やすりを使いましょう!無垢テーブルには400番の目が細かいヤスリがオススメ。

傷やシミだけでなく、周りも優しく削り、その後にオイルでお手入れすると復活してくれます。

まるみ

今回はオイルだけでお手入れしてみましたが、次回はやすりを使ったメンテナンスもしてみたいと思います!

 

無垢テーブルの汚れは「ハワードオレンジオイル」で落ちるか!?

我が家の無垢テーブル

無垢テーブル オレンジオイル

これが我が家の無垢テーブル。

画像ではそれほど汚れているように見えませんが、そんなことないんです…涙

無垢テーブル オレンジオイル

ここ!油汚れらしきものが。

5年前から撥水加工されたテーブルクロスを使用するようになったので、それよりも前に出来てしまったシミです。

また、天板の全体が白っぽくなって乾燥しているのも気になるところです。

 

オレンジオイルで無垢テーブルをメンテナンスする手順

  1. 水拭きをし、しっかり乾燥させる
  2. オイルを木目に沿って、丁寧に塗り広げていく
  3. 塗装後すぐに新しい布(ウエス)でオイルをふき取る
  4. 乾燥させる(12時間以上)

まるみ

ハワードオレンジオイルは粘性が低いので浸透が早いです。そのため、一晩乾燥させれば十分かなと。(天候や季節で差があります)

無垢テーブル オレンジオイル

油拭き取り用のウエスは、クラフレックスで代用。100円ショップでもウエスが購入できます。

クラフレックスは1枚当たり30円程度のキッチンクロスで、汚れや水分をしっかりふき取ってくれるので愛用中です。

クラフレックス 家庭用 【クラフレックス レビュー】業務用キッチンクロスを家庭用に使うメリット

 

オレンジオイル 無垢テーブル

オレンジオイルを適量取り出して、水拭きして乾燥させたテーブルに伸ばしていきます

無垢テーブル オレンジオイル

ハワードオレンジオイルを塗りこみ、その後乾拭きしたテーブルです。

しっとりツヤツヤ!!「あぁ、買った時ってこんな色してたなぁ…」なんて今さら気が付きました(笑)

ハワードオレンジオイルは1/5本ほどしか使用しませんでした。(テーブル本体のみ)

乾燥時間を取りたかったので、私は夕食後にメンテナンスをしました。ではでは、どんな感じになってくれたでしょうか?

 

無垢テーブルの水染み・油汚れをオレンジオイルで手入れをした結果

ハワードオレンジオイルで汚れおとし&ツヤ出しをした無垢テーブルのビフォーアフター画像です!

無垢テーブル 汚れ落とし オレンジオイル
無垢テーブル 汚れ落とし オレンジオイル

アフターは朝に撮影したのでちょっと光の加減が違いますが、ツヤ感がアップして木の色が統一されました。

しっとりした触り心地ですが、ベタベタすることもなし。

息子も「はあ~~気持ちいい~~」と頬ずりしてくれていました(笑)

オレンジオイル 無垢テーブル シミ
無垢テーブル オレンジオイル シミ

肝心のシミはというと…完全に消えるまでとはいかなくても、目立たなくなりました~!

パッと見は木目?という感じなので、まぁよし!ということに。

さらに目立つシミが出来たり、傷が出来た時はヤスリでのメンテナンスにチャレンジしてみたいと思います。

 

無垢テーブルはオレンジオイルで定期的にお手入れをしてキレイをキープ!

無垢テーブル オレンジオイル

オイル塗装を自分でするなんて、ハードルが高そう…って思っていましたが、実際にやってみると本当にカンタン!の一言。

ハワードオレンジオイルは1本あたり1,200円程度ですし、使う量も少しで十分なのでコスパもいいですよね。

まるみ

これなら、水拭きで取れない汚れを見つけ次第、オイルメンテナンスをしようって思えます!

無垢テーブルなど無垢材の家具は、オイルメンテナンスを重ねていくほど、水や汚れをはじく特徴があります。

ほんのちょっとの手間をかけてあげるだけで、グッと生活の質が高まるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!