子供へ発達障害の告知|まだ本人告知の予定はなかったのに…急な展開に焦る

ママラク

こんにちは、まるみです。

 

発達障害(ADHD×自閉症スペクトラム)と息子ソウタが診断されてから、「いつかは向き合わなければいけないんだよなぁ」と、漠然と考えていたことがあります。

それが、本人告知

 

ソウタの場合は二次障害に「強迫性障害」が起こったことで不登校になっていたので、心が不安定なうちは話すまい…と考えていました。それは、発達障害をネガティブな意味でとらえてほしくなかったからです。

 

ですが、先日急展開が起こり、予定していなかった本人告知をすることになりました。あくまで「我が家の場合」ですが、本人告知について悩んでいる親御さんの参考に少しでもなれば…と思い、お話ししていこうと思います。

 

私の「本人告知」に対する考え方

読書 子育て 本

発達障害を子ども本人へ伝えることの難しさ

発達障害は、本人が一生付き合っていかなければならないものです。

そのため、本人に知らせないまま大人になるのは難しく、むしろ本人に自覚がないことで社会に出た時に不都合が起こるケースも多々あります。

(今、大人の発達障害がクローズアップされるようになっていますが、それも「社会に出てから不都合が出てきた」という面があります。)

 

私にとっての育児の最終目標は「息子の社会的自立」であると考えていて、スムーズな社会生活を送るためにも、自分の持つ発達の凹凸を自覚することが、彼の人生の中でも重要なポイントになると思っています。

 

ただ、私としては

「発達障害を言い訳にして諦める人生を送ってほしくない

自分のことを好きな人間に育てたい」

とも感じていました。

 

もちろん、以前WISC-知能検査を受けた時に、ソウタの発達凹凸をより詳しく知ることが出来たので、「できないものをできるようにしよう」という考えは捨てることにしました。

それよりも、得意なこと、好きなことに邁進してほしい、そしてそのフォローを全力でするぞ!と考えることが出来たんですね。

 

それもあり、本人告知をする前に成功体験を積み重ねて、告知をしたときには「今までの人生は、発達障害だからこそのいい部分もたくさんあった」と、彼自身に感じて欲しかったのです。

 

私が考えていた「本人告知」のタイミング

ママラク

 

冒頭でもお話ししたように、ソウタは発達障害の二次障害として「強迫性障害」も併発しています。強迫性障害は治療によって改善するものですが、ネガティブ思考不安感が人一倍強いため、発達障害の本人告知については、より慎重にする必要があると感じていました。

そのため、以下のような状況になった時、ソウタ本人に告知しようと夫婦で話し合っていました。

 

  1. 自分に自信がもてるようになった
  2. 自分自身や周りの人のことが肯定的=好きと感じられるようになった
  3. 辛いことでも、前向きな思考が出来るようになった
  4. 強迫性障害がなくなったor軽くなった

 

まるみ

ここまで行くには、まだまだ時間がかかるかな~なんて考えていたんですが、ところがどっこい!なことが起きてしまうのです…

 

「これって僕が落ち着くための薬だよね?」

発達障害 コンサータの効果

コンサータ(ADHD治療薬)の服用開始で本人が気づく

発達の凹凸が判明したことで、家庭でのフォローを開始すると同時に、ADHD治療薬(コンサータ)の服用を開始したソウタ。本人告知は彼の心の状態が安定したころに再度考えようと、先延ばしにすることにしました。

 

MEMO
コンサータ(ADHD治療薬)の服用経過についてはこちらの記事でお話ししていますが、主に親目線での変化をつづっています。

 

ですが、本人告知を先延ばしにしたにもかかわらず、息子が服用5日目に

ママ、今飲んでいる黄色のお薬(コンサータのこと)って、僕が落ち着くための薬だよね?

ソウタ

と、いきなり言い始めたんです。

 

この時、2人でお風呂に入っていて、息子は湯船の中、そして私はシャンプーの真っ最中。シャンプーしながらかなり固まりました(笑)

 

まるみ

え!あ…う…うん…そうかも…

 

今思い出してみても、かなり焦っていましたね、私。だって、今まで「落ち着きなさい!」なんて注意したことはあっても、発達障害のことは何も言っていません。

発達クリニックやプレイセラピーに通っているのも、本人には「不登校の時があったから、これからも元気に学校に通い続けられるようにするため」とだけ説明していたんです。

 

息子が話したコンサータ服用後の変化

シャンプー途中だった私は、「ちょっと待ってて!ママ、シャンプー今流しちゃうから!」とソウタの会話をストップ。その後、湯船の中でソウタに「なぜそう(=ぼくを落ち着かせるための薬)考えたのか」じっくり聞いてみました。

 

その時の息子の話をまとめてみます。

  • 2日目に「何かは分からないけど、いつもと違うな」と感じた
  • 3日目に「ワクワクしたりドキドキする時間が減った」と感じた
  • 今日(5日目)に友達と遊んでいる時に、「薬のせいで興奮しないんだ」としっかり確認できた

 

ちなみに、3日目に感じたワクワク・ドキドキの時間が減ったことについては、このように話していました。

今までは、嬉しいことがあると、1分半くらい「わーい!」って気持ちが続いていたんだけど、今は20秒くらいになった感覚なんだ~

ソウタ

 

この時間の感覚については正直疑問なんですが、本人は「ワーイ(=興奮)の時間が減った」ということを私に伝えたかったのだと思われます。

また、興奮以外の面でも、違いがあると言っていました。

  • 頭の中がグルグルしていたけど、今は自分の考えがまとめられるようになった
  • やらなくちゃいけない順番があることが理解できるようになった
  • 「静かにしなさい」という言葉が聞こえたら、ちゃんとその通りにできるようになった

 

息子いわく、

「今まで「静かにしなさい」っていう言葉が聞こえているのに、分かっているのに、どうしてもできなかったんだ。でも、黄色のお薬(コンサータ)を飲んでから、ちゃんと自分で自分の体をコントロールできるようになったんだよ。」

と。

 

正直、この言葉には涙が出そうになりました。(息子の前では踏ん張りました笑)

まるみ

あぁ…自分で自分の行動に困っていたんだな…

それが分かった反面、「やっぱりこの子は発達障害だったんだな」という現実も見ることになりました。

 

「僕には必要なお薬だね」という息子の言葉で告知を決意

ADHD治療薬のコンサータを飲んでからの服用後の変化について、私に話してくれたソウタ。どうやら、私が「元気に学校に行けるお薬だよ~」と適当な理由で飲ませていたのが不服だったようで、自分で考察&検証を繰り返していたようです。

 

まるみ

そっか。ちゃんと自分でお薬のこと考えていたんだね。教えてくれてありがとう!

それで、このお薬については今後どうしたい?

 

うん、この「ワーイ(興奮)の時間」が短くなっても、嬉しいなって気持ちはなくなっていないから、イヤな薬じゃないなって思ってるんだ。

ソウタ

 

まるみ

そっか。ソウタにとっては、お薬のんでも嫌な感じじゃないのね。

 

そうだよ!だって、落ち着いて考えたりできるんだもん。疲れないし。僕にとっては必要なお薬だと思うから、これからも続けたいなと思うよ。

ソウタ

 

このソウタの「僕にとって必要なお薬だ」という言葉で、「あ、この子はしっかり自分の発達障害と向き合える状況に今いるんだな」と確信が持てました。

そして、こんなに詳しく私に話してくれたタイミングが告知にちょうどいいかもしれないと、夕食も遊びも後回しにして、ゆっくり話す時間をとることにしました。

 

「サンドイッチ話術」で発達障害を肯定的な意味に

小学生 子ども 子供

凹部分をポジティブに言い換えて伝えた

2人でソファに座って、「ちょっとママとゆっくりお話ししよう」ということに。そこで、私は次のような話をソウタにしました。

 

  • あなたは他の人よりも、喜びが大きくなる素敵なものを持って生まれてきた。
  • とてもいいことなのだけど、それでちょっと困ることもあるよね。
  • ちょっとだけ他の人と同じくらいの喜びの時間に調整することで、もっと上手に喜べるようになるよ。
  • それをお薬の力を借りて、練習していこう。
  • 発達クリニックでやったテスト(知能検査)で、あなたには素晴らしい面もたくさんあるって分かったんだよ。
  • 今までのあなたも、お薬を飲んでからのあなたも、ママとパパは大好きなんだよ。

 

ざっと私がソウタに話した内容はこんな感じです。

とにかく、「僕は他の子と違ってダメなんだ」という意識を持たせないために、ポジティブな表現を使って、そして、ソウタのもつ凸部分を前後にはさんで「嬉しい話をされている」という状況にするようにしました。

 

そのおかげか、ソウタもニコニコしながら「そっかぁ」「それは嬉しいなぁ」と素直に聞いてくれました。そして、

今まで「困ったな」「怒られて嫌だな」って思うことがたくさんあったけど、お薬のおかげでそれが減ってきたんだ。もう少し上手にできるためにも、続けていきたいな。

ソウタ

と言ってくれました。

 

必ずしも「障害名」を伝える必要はないと思う

これは私の考え方ですが、子どもへの本人告知には障害名まで伝える必要はないと思います。いつか大きくなったときに、その障害名を何かのタイミングで聞いて「これって僕のこと?」と思ったのであれば、またその時に説明をすればいいのだと。

 

それよりも、人よりも出来ない部分があっても、それはあなたの努力不足ではない。その凹部分は色々な対処法だったり、凸部分でしっかりカバーできるということを伝えることが大切だと思っています。

 

「僕はこれが他人よりもスムーズに出来にくい」ことを自覚することで、「凹部分をカバーする方法を考えよう」という方向に向かってくればOKなんです。この思考の変更ができるようになれば、社会にでるとき、でたときにも自分自身のチカラで道を切り開けることになりますから。

 

まるみ

ここはちょっと、プレイセラピーの臨床心理士さんの受け売りでもありますが(笑)

 

告知後のソウタの変化(後日談)

ママラク

告知してから約1か月後、「告知をしたから変化したのかも」という出来事がありました。学校から帰ったあと、ソウタが

今日、席替えをしたんだけど。たくさんのお友達が見えると、授業に集中できないから、一番前の席にしてほしいって先生に頼んだんだ。

ソウタ

と話してくれました。

ADHD特有の注意散漫を自力で解決しようとしたことに、かなり驚いてしまいました。「あぁ、自分でラクになる方法を考えられるようになったんだなぁ」と、彼の成長に感動もしました。

 

担任の先生も、「ちゃんと言えて偉いね!」と褒めてくれたらしく、一番前の席に座ることができたそうです。着実に自分の道を切り開き始めているソウタを、しっかり応援していきたいと思います。