MacBook用スタンドKickflipをWindowsノートパソコンで使ってみたらイイ感じだった

キックフリップのレビュー

こんにちは、まるみです。

自宅のダイニングテーブルで、ノートパソコンを一日中カタカタして仕事をしている私。

これまで作業環境を良くしようと、デュアルモニターにしたり、マウスもちょっといいやつを買ってみたり、腰痛防止でMTGのボディメイクシート スタイルを使ってみたり…と様々なことをやってきました。

 

で、「当分の間はこの環境でOKでしょ!」となっていたわけですが、もう一つ気になっていたものが。

それがPCスタンド!

ダイニングテーブルの上で作業しているので、ノートPCが必須。でも、いまいちノートPCがしっくりこなくて、でも何が悪いのかイマイチ分からない…という時に知ったのがノートパソコン用のスタンド。

色々と探しているうちに、どうやらBlueloungeというガジェット関連のアイテムを多く扱うブランドに、Kickflip(キックフリップ)というノートPC用スタンドがあるらしいということを発見。

 

KickflipはMacBook用のスタンドらしいのですが、Windowsパソコンにもいけるよ!という情報をゲットしたので早速購入してみました。

私の作業環境がどのような変化をするのか、ちょっと簡単にレビューしてみたいと思います。

 Mac用のスタンドをWindowsノートPCに使ってみた

Bluelounge Kickflipの特徴

Bluelougeの正規代理店トリニティ公式サイトでは、Kickflipの特徴を以下のように紹介しています。

  • MacBook Pro背面にスペースを作って熱を逃がすエアスペーサー
  • 取り付け&取り外し簡単な吸着素材
  • 取り外しても接着痕を残さない
  • ガラス教科素材の蝶番で安心の耐久性
  • MacBook Pro 13インチ/15インチ、MacBook Air 13インチ対応

基本、エアスペーサーなんですね。私の場合はその部分はそれほど気にしていませんでした。とにかく、「スタンドが欲しい」の一点のみです。

個人的には、取り付け&取り外しが簡単なこと、取り外し後に接着痕が残らないことが購入の決め手になりました。

半額以下で似たような商品も売っていたんですが、デザイン性と耐久性に疑問があったので、今回はKickflipを購入しました。

 

 

取り付けはとてつもなく簡単!組み立てもなし

アマゾンでぽちって、我が家にやってきたKickflipさん。(英語でKickflipと入れるのが面倒なので、以後はキックフリップと書きます!)

 

キックフリップのレビュー

 

軽い&薄っぺらいのでやや不安を感じながらも開封。

 

キックフリップのレビュー

中身はキックフリップ本体と、お手入れについての簡単な説明書のみ。愛用のレノボ(ideapad310)さんとのツーショット。仲良くしてください。

 

キックフリップのレビュー

取り付け方は、外箱の裏面にすごーく簡単に書かれています。言葉は少なく、ほとんど図解。シールを剥がして、ペタンと貼れということか…了解!!

 

キックフリップのレビュー

片側のみ、粘着パッドがついているので、その上にあるシートをペリペリ剥がしていきます。

 

キックフリップのレビュー

今回は、愛用中のレノボさんが15インチのため、キックフリップの15インチ用を購入。パソコン裏側の足部分やメッシュ部分にひっかかることもあるかもしれないので、心配な方はサイズをしっかり測ってからの方がおすすめかも。

サイズなんて測らないで購入した私は、ギリギリだったことを知って「あぶねぇ…」とドキドキしてしまいました。

まるみ

幅が狭いので、PCによっては13インチでも大丈夫そう

 

キックフリップのレビュー

こんな感じの方向で取り付けてくださいませ。私、ちゃんと説明の図を見ずに貼って、前後を間違えました。これでもうノートPC用スタンド設置完了です!

 

ビフォー&アフターを見比べてみる

キックフリップのレビュー
キックフリップのレビュー

なんか、微妙に撮影角度が違いますが、気にしないでください(笑)

どうですか?いい感じに後ろ側が立ち上がってくれています。粘着パッドのみでくっついているので、がたつきとか剥がれ落ちが心配でしたが、思っていた以上にしっかり固定されています。

 

キックフリップのレビュー
キックフリップのレビュー

正面から撮影した写真。分かりづらいですかね?ちなみに、左がビフォー、右がアフターの画像になります。

写真だとそんな感じがしませんが、初めてノートPC用スタンドを使った私としてはけっこうな変化が出ていると感じています。

 

手と肩の疲れが軽くなった!…気がする

「人間工学に基づいた~」に弱い私

キックフリップのレビュー

キックフリップは人間工学に基づいた角度調整がつけられています。パッケージ裏面にもそのような記載が。この人間工学…というワード、かなり私弱いんですよね。マウスも人間工学に基づいた~っと書いてあったので少々お高くても購入してしまいます。

その理論なんて分かっちゃいないんですけどね、でもやっぱり「しっくりくるな」と感じているので自己満でもオッケー。

 

でも、手持ちのレノボにキックフリップで微妙な角度をつけてからは、腕や肩が疲れづらくはなってきているのが感じます。なんでかな?とよくよく観察してみると、

  • 目線が少し上がったから首を傾けなくていい
  • 腕を伸ばしきらずに力を抜いてタイピングができる
  • 画面位置が上がったことでデュアル画面での目線移動がラク

これらが私の感じたメリットです。

まるみ

これが「人間工学に基づいた」ってやつのチカラか!

 

あと、ノートPCに必須の持ち運びに支障がないのがメリットだと、日にちが経ってから気づきました。蝶番になっているので、指一本で瞬時にフラットな状態にもどせるので、バッグにしまったり、場所を移動するのもストレスがありません。

粘着パッドの密着力も高いので、ポロっと取れてしまうこともないでしょう。(ちなみに、粘着パッドは石鹼水で洗ったあとに乾かせば復活するようです。)

 

まぁ、それほど私は移動して作業することもないんですが、1日の仕事が終わればダイニングテーブルの端にPCを寄せなければならないので、これはなんともラクでいいです。

 

実際のところ、Windowsでも使用可能なのか?

キックフリップの正規代理店トリニティさんの公式サイトでは、MacBook Pro以外のPCにも使用可能とされています。

MacBook Proは背面が平ら&滑らかなので、それに似た背面である必要があります。

キックフリップを取り付ける場所に足がついていたり、通気口部分をふさいでしまうようだったら、使用は避けた方がいいと考えられます。

 

私の尊敬する勝間和代さんも、このキックフリップをTwitterで紹介していました。勝間さんもWindowsで使用しているようですね。

上記の問題点がないのであれば、このキックフリップは買いのノートPC用スタンドだと思います!