ADHDの子どもにDHAサプリが有効って本当?ちょっと本気で調べてみた

DHAとADHDの関係 発達障害

こんにちは、まるみです。

ADHD自閉症スペクトラムと診断された息子ですが、

発達クリニック初診 → 発達障害検査 → 結果&投薬開始

と、それぞれ2週間ほど間が空き、しかも発達クリニックに行くまでに約3カ月間の予約待ち(!)という事態に。

 

二次障害の強迫神経症や、不登校になっていたこともあり、通院・投薬を始める前に何かいい手立てはないか、彼をフォローする方法はないかと考えているときに、とあるブログで「ADHDDHAサプリがいいらしい」という記事を発見。

でも、噂レベルで結局ソースも書かれておらず、そこんとこどうなの?と思ったので、今回徹底的に調べてみました!

 

まるみ

投薬だけに頼りたくない、まだ診断は出ていないけど少しでも子どものケアをしたい、という親御さんに、読んでいただければと思います。

 

DHAサプリはADHD症状改善に効果があるのか?

ADHD ブログ 発達障害

DHAと発達障害の研究

詳しい話に入る前に、今回のキーワードとなる「DHA」について、簡単にまとめておきたいと思います。

 

DHAとは

  • DHAはドコサヘキサエン酸の略称
  • 不飽和脂肪酸のひとつ
  • オメガ3系脂肪酸に含まれる
  • サバやイワシなどの魚油に多く含まれる

 

このDHAについては、多くの国で様々な研究が行われているのですが、そのほとんどが脳や神経発達との関係性についてです。

オックスフォード大学のアレクサンドラ・J・リチャードソン博士の研究「ADHDにおけるオメガ3脂肪酸および関連する神経発達障害」によると、オメガ3の相対的な欠如が、多くの精神医学的および神経発達障害に影響を与えていると報告されています。

そして、この研究でアレクサンドラ・J・リチャードソン博士は、下記のようにも報告しています。

 

オメガ3系脂肪酸は、ADHDや関連する症状の一次治療としての現在のエビデンス(根拠)ではサポートされていませんが、この分野のさらなる研究は明らかです。

 

つまり、「今ADHDにハッキリ効くという確証はないから、治療薬としてはまだ使えないけど、そのうちその有効性は研究で明らかになるだろうね」ってことですね。

 

参考 Omega-3 fatty acids in ADHD and related neurodevelopmental disorders(英文)Taylor&Francis Online

 

日本でも、DHAと発達障害についての研究は行われています。

順天堂大学の佐藤弥生氏の研究では、ドコサヘキサエン酸(DHA)やアラキドン酸(AA)などの長鎖多価不飽和脂肪酸は、中枢神経や網膜の主要構成部分であり、乳幼児の脳神経発達において重要な役割を持っているとしています。

また、同じ順天堂大学の清水俊明氏の研究では、小児科領域で新生児・乳児の視機能および脳の発達に対する作用、抗炎症および抗アレルギー作用・脂質低作用などが実際に臨床応用されています。

 

参考 n-3系多価不飽和脂肪酸の各種病態に対する有用性の検討J-STAGE

 

まるみ

まだ実用化段階ではないものの、DHAによるADHDの改善という大きな可能性があるということですね!

 

DHA以外のオメガ3系脂肪酸でも効果は期待できるのか?

オメガ3 サプリ

 

オメガ3系脂肪酸には、以下のような種類があります。

 

オメガ3系脂肪酸の種類

  • DHA
  • EPA
  • DPA
  • αリノレン酸 など

αリノレン酸は、体内に入ったあと、代謝されてDHA・EPAに変化します。

 

上記で紹介したオメガ3系脂肪酸の研究で使用されているのは、DHAがほとんどです。

これは、DHAは脳関門を通過できるが、EPAを含めたその他のオメガ3脂肪酸は脳関門を通過できない可能性が研究で示唆されているためと思われます。

 

参考 ラットにおけるn-3およびn-6系多価不飽和脂肪酸の生理作用に関する研究(高橋尚子)東北大学機関リポジトリ

 

そのため、現段階でADHD症状の改善効果を期待して、オメガ3脂肪酸を摂取したいのであれば、DHAを中心に考えた方が良いのではないか、ということになります。

 

まるみ

ただし、その場合も他の栄養素とのバランスにも注意すべきですし、大きな改善を望む…というのはやや難しいのではないか、と私は考えます。

 

DHA以外に有効な栄養分はある?

DHA以外にも、ADHDを持つ子供たちに不足傾向が見られる栄養素があるという研究もあります。研究がされている栄養素を下記にまとめてみました。

 

ADHDの子どもに不足しがちな栄養素

  • オメガ3脂肪酸
  • 亜鉛
  • ビタミンB

 

これらもサプリメントとして定番の栄養素ばかりですね。それぞれ深い研究がされているようですが、要はバランスなのかも…と思ってしまいます。

 

参考 Supplements to Treat ADHD(英文)healthline

 

ADHDの子どもにDHAはどのくらい与えるべき?

ママラク

厚生労働省が推奨する子供の摂取量目安

子どもの食事にDHAを多めに摂り入れたいな~というわけで、実践しようと思った矢先、「結局どのくらいの量の魚を食べさせればいいの?」という疑問にぶち当たった母まるみ。

というわけで、さっそく厚生労働省から推奨されているDHA摂取量を調べてみました。「望ましいEPA及びDHAの摂取量」という表を発見したので、ここに載せておきます!

 

バン!

子どもが載っていない!!!なぜ!

と思って見てみると、

小児については目標量を算定しなかったが、成人の値を参考にして、魚を摂取する習慣を身につけることが望ましい。

妊婦・授産婦の負荷量についても算定しなかった。

という記述が。そこは算定してよ!

と思っていたら、子どもの目安量が分かる表も発見。

 

これはDHAやEPAを含むn-3(オメガ3)系脂肪酸の摂取目安量の表です。0~17歳までの子どもの「目標量」は設定されていませんが、その代わり「目安量」が設定されています。

 

参考 3脂質(PDF)厚生労働省

 

魚で換算するとこんな感じ

ママラク

 

上記の表から、子どもでも出来れば、1日に1g程度はDHA摂ると良さそうだなってわかるんですが、結局のところ具体的にどの程度の魚を取ればいいわけ?となりますよね。

マルハニチロのサイトに、食材とDHAの含まれる量が掲載されていたので、ちょっと抜粋して載せておきます。

 

DHAを含む食材とその含有量

  • アジ焼き…656㎎
  • アジ開き干し焼き…1105mg
  • ブリ成魚焼き…2280㎎
  • サンマ焼き…1260㎎
  • シシャモ(3尾)…301㎎
  • さば水煮缶(100gあたり)…1300㎎
  • さんま味付け缶詰(100gあたり)…1700㎎

魚は1尾あたりの含有量です。

 

シシャモ少なっっ!!まぁ、このあたりを1日に1回食べれば、1日1gの目標量は達成する感じですね。

でも、正直これってかなり厳しい…。

 

サプリ等を服用するときには必ず医師に確認を

1日に1尾の青魚を食べ続ける…というのは、現代の日本ではやや難しいものがありますよね。我が家の息子ソウタは赤ちゃんの頃から魚好きなのですが、それでもこれは厳しい…。

まるみ

最近、男子らしく肉に目覚めてきているしなぁ…

 

となると、やっぱり栄養補助食品などから摂取するのが効率的なんですよね。

私も子供向けの商品をいろいろ探して、今は子供向けの青汁「グリーンミルク」に落ち着きました。

まだ子供なので常に錠剤型のサプリは難しいので、ジュース感覚で飲めるこの青汁が息子的にヒット。このグリーンミルクは、DHA・EPA以外に、カルシウムや食物繊維なども豊富なうえ、子供向けということで国産と品質もバッチリ。

まるみ

グリーンミルクは300㎎のDHA・EPAがコップ1杯で手軽に摂れます。保育園でも採用されているという実績もあります。

 

こちらにグリーンミルクのレビュー記事も掲載しているので、参考にしてみてくださいね。

子ども用青汁 グリーンミルク 口コミレビュー 【落ち着きのない息子に】DHA&カルシウム不足を子ども向け青汁でサポート

 

息子の場合は抗ADHD薬と抗不安薬を処方されているのですが、飲み始める前に「こんな青汁を飲んでいるんですが…」とお医者さんに相談をしました。

結局のところ、この青汁は健康補助食品なので問題はないということでした。

万が一お子さんが薬を服用しているのであれば、サプリとの相性もあるので、まずは医師や薬剤師に相談しておくのがオススメです。

 



ADHDをDHAサプリで改善するという考え

DHAとADHDの関係 発達障害

選択肢として考えるのもあり

我が家は現在子ども向けのDHA配合サプリを摂り入れています。発達障害をもっている子の中には偏食が大きい子もいますし、頻繁に魚を食べてくれないなんて子も多いですよね。

基本的には、普段のバランスが摂れた食事が一番なのですが、以下のような場合はDHAサプリを検討してもいいかもしれません。

 

  • 子どもが偏食で食事バランスが悪い
  • 薬物療法だけに頼りたくない
  • ADHDの診断はまだされていないが、子どもがそうではないかと感じている
  • 子どもの学習面で不安がある
  • 薬物療法開始前にできるだけのことをしてあげたい

 

抗ADHD薬を安易に避けることには反対

父親と子ども

ADHDへの有効性が確認され始めているDHAですが、それでもまだ実用段階までには至っていません。そのため、「薬物療法はやめてDHAサプリを」という選択肢は、安易にとるべきではないと考えています。

息子の場合は、発達クリニックへの受診が3カ月待ちだったこともあり、少しでも息子の役に立てれば…とサプリを選びました。その後、発達クリニックで抗ADHD薬と抗不安薬を処方されましたが、普段の食事バランスの補助としてサプリを続けています。

 

「治療は病院にお任せする」ということで、家庭でできるフォローとしてDHAサプリを使ってみるというのがいいのではないかなと思います。